スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

細菌性食当たりの時は「Norfloxacin」(ノルフロキサシン)を服用

・病院&薬
01 /22 2017
タイに来たらどうしても食当たりの問題は避けられません。

屋台飯なんかはいつかは必ず当たる時が来ます。

水のような下痢になったら、それは細菌性の食当たりの可能性が高い。

食当たりなんかで、トンロー辺りのバカ高い病院行ってたら時間と金の無駄です。

クレジットカード付帯の保険があるからなんて気軽に使ってると、大病した時のような肝心な時に否認されたりしたら堪ったものではありません。

カード付帯の医療保険を使いまくって、100万単位の支払いを否認された人のケースを聞いたことがありますので、食当たりくらいは自分で治す。

効用➡「Norfloxacin」(ノルフロキサシン)


20161119 Norfloxacin


朝と夜食後に一日二回の服用。

管理人は屋台のクイッティアオガイ(タイ風チキン麺)を食べた翌日から水のような下痢になって、豪い目に遭いました。

教えて貰った英語の話せる女性薬剤師に相談すると、ネットで調べた通り、「Norfloxacin」(ノルフロキサシン)を処方されたので、安心して飲めました。

10錠で50B。

180円程度。

3日で完全に止まらなければ、5日間10錠きっちり飲んでそれ以上は追加で飲んではいけないこと。

念を押されて購入しました。

結果、10錠きっちり服用し、4日目だったかな?完全に止まったけど念のため全部飲み切りました。

薬の知識豊富で丁寧に説明してくれる薬剤師を日頃から相談相手に見つけておけばいざとなっても安心です。

件の薬剤師さんは、自分では医療保険や終身保険は一切加入してないとのこと。

驚いて理由を聞けば、自分で薬剤の処方が出来るから心配してないと言う。

まあ我々日本人はしっかりクレカの保険や現地加入保険でいざという時に備えましょう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント

「現地情報」管理人

2013年からタイ・バンコクに訪れるようになりました。 実際に足を運んで集めたバンコクのホテル・各種レストラン情報を中心に纏めていきます。 よろしくお願いします。 リンクフリー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。